構造計算適合性判定

手数料

判定手数料

構造計算適合性判定を要する建築物毎の判定手数料   (非課税)
建築物(※1)毎の
床面積(※2)
構造計算が大臣認定プログラムによって行われたもの 構造計算が左記以外の方法によって行われたもの
200㎡以下 88,700円 117,100円
200㎡超え500㎡以下 100,100円 140,000円
500㎡超え1,000㎡以下 111,600円 162,800円
1,000㎡超え2,000㎡以下 123,000円 185,700円
2,000㎡超え10,000㎡以下 139,600円 221,900円
10,000㎡超え50,000㎡以下 176,000円 294,700円
50,000㎡超え 297,600円 541,300円

任意判定手数料

建築物毎の任意判定手数料   (消費税及び地方消費税の合計8%込み)
建築物(※1)毎の
床面積(※2)
構造計算が大臣認定プログラムによって行われたもの 構造計算が左記以外の方法によって行われたもの
200㎡以下 95,796円 126,468円
200㎡超え500㎡以下 108,108円 151,200円
500㎡超え1,000㎡以下 120,528円 175,824円
1,000㎡超え2,000㎡以下 132,840円 200,556円
2,000㎡超え10,000㎡以下 150,768円 239,652円
10,000㎡超え50,000㎡以下 190,080円 318,276円
50,000㎡超え 321,408円 584,604円

※1 2以上の部分がエキスパンションジョイントその他の相互に応力を伝えない構造方法のみで接している場合は、それぞれ別の建築物とみなす。

※2 「床面積」とは、構造計算適合性判定に係る建築物の床面積をいう。ただし、法第6条の3第7項に規定する適合判定通知書の交付があった建築物の計画を変更して建築物を建築し、又は大規模の修繕若しくは大規模の模様替をする場合については、構造計算適合性判定に係る建築物の床面積(床面積の増加する部分がある場合にあっては、当該増加に係る部分の床面積に2を乗じて得た面積に、当該増加に係る部分以外の部分の床面積を加えた面積)に0.5を乗じて得た面積とする。



大阪建築防災センターの事業案内

(一財)大阪住宅センターの分室業務

ページトップへ戻る