構造計算適合性判定

構造計算適合性判定での事前相談の実施について

構造計算適合性判定申請によって建築物が不適合となることを未然に防止し、改正建築基準法の下で建築計画が円滑に行われることを目的として、特定行政庁、指定確認検査機関との協力のもとに、指定構造計算適合性判定機関による事前相談を実施します。
建築確認申請がされる前に、計画中の建築物(個別案件)の構造計算について、工学的判断に係る設計者の考え方を示していただき、その考え方が適切かどうかについて回答します。

事前相談の実施について

構造設計者の皆様からの依頼に応じて、書類により実施しています。

対象建築物

大阪府内の計画建築物で、構造計算適合性判定申請が必要であり、かつ、確認申請の時期がほぼ確定しているもののうち、構造計算適合性判定に関する事前相談を希望するもの。
この事前相談は依頼に応じて行うものであり、義務ではありません。

事前相談の内容

モデル化や諸数値の設定など構造計算に関する工学的判断を要する事項について、設計者等の判断・考え方を具体的に示していただき、その考え方が適切かどうかについて回答します。

手続き

構造判定事前相談書に、必要な参考図書(相談内容を説明する資料等)を添えて、1部提出してください。
本手続きに要する標準処理期間は判定機関の受理日から 21 日を予定しています。

テクニカルアドバイス(構造設計者向け)の実施について

事前相談とは別に構造設計者から直接の依頼を受け、2名の判定員が設計者と面談し、テクニカルアドバイス(面談による事前相談)を行っています。

問い合せ先

◆高さ 60m以下の建築物については、
一般財団法人大阪建築防災センター 構造計算適合性判定センター
電話 06-4793-8411 FAX 06-4793-8412 E-mail hantei-info@okbc.or.jp
※区分には例外がありますので、詳細についてはお問い合わせください。

その他

事前相談の手数料は必要ありませんが、事前相談資料の搬送等は建築主又は設計者のご負担となります。
確認申請後の構造計算適合性判定の際には、詳細な審査により質疑が生じることがあります。また、 法律、告示、技術的助言等の変更により、事前相談時の回答が有効でなくなる場合があります。

 

大阪建築防災センターの事業案内

(一財)大阪住宅センターの分室業務

ページトップへ戻る